毛ガニの身の甘さは絶品

カニとしては思っているほど大きくない種目で、身の詰まり具合もわずかに少ないのが毛ガニと言えるのですが、身は甘さを感じるしゃんとした味で、カニみそも芳醇で「カニ好き」が評価していると思います。

 

どーんとたまには豪華に自宅のテーブルを囲んで活きのいいズワイガニもよいのでは?料亭で食べたり遠くの旅館へ行ったと思えば、ネット通販にすればかなり低めのお代で大丈夫なんですよ!

 

大柄で身が隙間なく詰まっている魅力的なワタリガニのおすは、味覚が極上です。丈夫な甲羅に、熱燗のお酒を入れながら味わうと、カニ味噌とうまくミックスされて、味や香りがたまらないオツな味となるのです。

 

加工せずに口にしても味わい深い花咲ガニですが、他に適当に切って味噌汁を作るときに入れるのもまた味わい深いです。北海道の人たちは味噌汁をカニで作ったものは「鉄砲汁」と言われます。

 

しゃぶしゃぶで味わえるズワイガニは雄と雌で大きさが異なって、雌はほとんど常時卵を抱いているため、捕獲される沿岸地方では雄と雌を別々のカニという事で売買しているようです。

 

北海道周辺ではカニ資源を絶やさないようにということで、場所場所で毛ガニの水揚げ期間を設けておりますから、年がら年中水揚げ海域を順に変更しながら、その鮮度の良いカニを食べる事ができちゃいます。

 

原産地まで出かけて食べるつもりになると移動の費用も馬鹿にできません。鮮度のいいズワイガニをそれぞれのご自宅で思う存分食べたいという事なら、通販でズワイガニを手に入れるべきです。

 

素晴らしい毛ガニのカニ味噌は、リッチで味わい深い究極の一品だと断定できます。火で甲羅を熱くして、そこに日本酒を入れて香りを充満させながら毛ガニの味噌を身にぬって食することも良いと思います。

 

毛ガニの名産地は有名な北海道でしょう。水揚・直送の質の高い毛ガニを通信販売でお取り寄せしてかぶりつくのがこの時期の一番の楽しみっていう人が大勢いらっしゃるのはほぼ確実でしょう。

 

甲羅に誰もが知っている「カニビル」の一目で分かる程の卵が付着されているほど、ズワイガニの脱皮時期から時間が去っており、ズワイガニの身の入り方が申し分なく抜群だと把握されるのです。

 

花咲ガニは希少価値のため、市場価格も高めの価値で売買されます。通販ならば安価とは言いづらい値段ですが、ぐんと低めの代金でオーダーできる通販ショップもあります。
美味しいワタリガニを食べる場合は「湯がくだけ」が一番だと思います。幾分味わいにくいと思いますが、いい味の味噌や身はその他の良質な蟹に勝つ程の甘さを持ち合わせています。

 

ズワイガニとは、水深300mあたりの深海に住んでいて、観光地の多い山口県からカナダ近くまで広範に棲息しているでかくて食べた時の充足感のある食べる事が可能なカニになります。

 

通常の毛ガニは甲羅の長さが10〜12cm程の言われるほど大きくないカニで、漁獲が始まった時点は紫色に近い色の褐色でしょうが、沸騰させることで鮮明な赤色に変化します。

 

花咲ガニが他のカニと違うわけは、産地の花咲半島では多く育つ花咲ガニの主食となる昆布に係わりがあります。昆布食のスペシャルな花咲ガニは、その美味しさをしっかりと有しています。